立民・泉代表が今井るる氏の自民くら替えを”根性論”で批判⇒「地方議会の苦労は信念で耐えろ」ってこと?

<![CDATA[立憲民主党の岐阜県連に所属していた今井るる氏が離党して自民党推薦で岐阜県議選への出馬を決めたが、その決意に対し泉代表が猛然と批判している。「みんな頑張ってるから信念で耐えろ」とはまるで根性論だ。党としてのサポートのマズさを自覚しなければ、立憲民主党はますます若手からそっぽを向かれるばかりなのだが。]]>…

このサイトの記事を見る