登録申請・相互RSS依頼はこちら

板野友美、野球選手の夫が結婚後に覚醒! “ママタレ戦争”でごぼう抜き、トップに踊り出るか

 ヤクルトとオリックスが対決する日本シリーズの第2戦で、ヤクルトの若き左腕が大仕事をやってのけた。プロ入り6年目の高橋奎二がオリックスを133球でシャットアウト。今季最長で7回しか投げたことがないシーズン4勝の男が、プロ初完封で大きな1勝をあげた。「高橋は龍谷大平安高校2年の時に春の選抜で優勝した実績を引っさげ、2015年にドラフト3位でヤクルトに入団。最速…

このサイトの記事を見る