登録申請・相互RSS依頼はこちら

【刺し身はイカのよう】日本海側で3例目…体重650キロの巨大ウシマンボウ、福井県で初確認 

<![CDATA[ 巨大なマンボウが若狭湾の定置網に入り11月19日、福井県小浜市川崎3丁目の小浜漁港に水揚げされた。体長が約2メートル、上下のひれを含めた縦の長さは約3メートル、体重約650キロ。県水産試験場によると、大型種の「ウシマンボウ」で、県内では初確認。]]>…

このサイトの記事を見る