登録申請・相互RSS依頼はこちら

「引き出し屋」に1300万円払い引きこもり息子を託す→泣きながら家を出る→2年後アパートで孤独死

<![CDATA[ 「息子が泣きながら家を出たときの光景を忘れることはありません」 白い便箋(びんせん)に、強い筆跡で書かれた文字。関東近郊で暮らす80代の女性が昨夏、厚生労働省地域福祉課の担当者らにあてて書いたものだ。]]>…

このサイトの記事を見る